★「頭の中で鳩ポッポ」 essay by fuminori_shijou

「それやれっ! もっとやれっ! ず~っとやれっ!」といった 自己啓発 や 勉学 に奮起する傍らで、こんな気ままな話もありでしょう。 「ストレス」や「虚無感」で心がパンクしそうになったときの、ガス抜きにどうぞ。 ( Since 2011/1/14 )

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

今回のテーマ[家計簿]

 
家計簿をつけるにしても、几帳面な人もいれば大雑把な人もいます。

たとえば、スーパーの買い物にしても、几帳面な人は一品一品をき
ちんと記録します。

つまり、几帳面な人は、何をいくらで買ったかという「もの」を記
録するのです。

一方、大雑把な人は、スーパーで使った総額だけを記録します。

この方法は、スーパーに行ったという「こと」を記録するというこ
となのです。

どちらが良くて、どちらが悪いというものでは決してありませんが、
「こと」で管理する方法は、家計簿を日記の一部としても使えそう
です。

さて、私の知人は几帳面を通り越して変人です。

それは、家計簿の域を脱し、企業会計のレベルです。

たとえば、卵10個入りパックを買ったら、卵10個を在庫として
記録します。

2個使って卵焼きを作ったら、在庫から2個差し引き、卵焼きの製
品在庫を1個記録するのです。

一方、料理の原価計算もしています。

さらに、食べ残しは廃棄品として、損失も登録するのです。

日々、こんな調子です。

こんなことばかりやっているので、片時もパソコンを手放せません。

過去3年間の商品毎の購入額の推移も、折れ線グラフで表示できた
りします。

そんなことして、何の役に立つの私には理解できませんが、知人は
「そんなことは、生涯記録し終えたものを分析してみないと、判断
つかないよ」と言うのです。

それもそうだと思うのですが、役に立つにせよ、立たないにせよ、
それが分かったときには、「時、既に遅し」なのです。

私の知人は、お金の勘定は凄いのですが、人生の勘定はさっぱり
なのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : わかるかなぁ...[わかりづらい文章の書き方]です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[検索連想型広告]

 
私の知人が起業したネットベンチャーの新サービスが、ついに明ら
かにされると連絡がありました。

その新サービスとは、「検索連想型広告」なるものです。

何か聞いたことがあるような気がしますが、従来から存在する「検
索連動型広告」とは、似て非なるものなのです。

たとえば、「象」で検索すると、検索後には、鼻の長い象に関する
広告は一切表示されないのです。

「検索連想型広告」では、「象」からシステムが勝手に連想して、
「肝臓」とか、「雑巾」とか、「ゾウリムシ」などの広告が表示さ
れるのです。

挙句の果てに、「インド僧侶」や「アフリカ走行」の広告まで表示
されるのです。

「ゾウリムシの広告って何よ?」と思ってしまいますが、ネットの
世界では我々の想像を超えて、いろんなものが扱われているのです。

「誰もこんなもの欲しがらないよ。」と思うものも、「そういえば、
欲しかったんだ。」と叫ぶ人が、必ず現れたりするものなのです。

確かに、一見すると全く関係なく、何の役にも立ちそうにない広告
を表示するのですが、そのうち「これって、いいかも。」と感じる
ようになるのです。

スーパーマーケットでの買い物でもそうですが、目的の商品が置い
てある棚に辿り着くまでに、いろんな棚の間をフラフラと迷って歩
き回ることで、思いもつかない商品と出会い、新たな発見や感動を
得たりするものなのです。

検索連想型広告も、これと同様なのです。

最初は、まどろっこしく、イライラしてしまうかも知れませんが、
そのうち予想外の発見に胸が躍るに違いありません。

人生でも、きっとそうです。

目的地に直接まっすぐ辿り着いてしまっては、途中にころがってい
る、大切なものに出会わずに、通り過ぎてしまうのかも知れません。

きっと、求めた通りの答えが得られないことが、時を経て「真の答
え」になってたりするのです。

皆さんも、これからは連動で考えるだけでなく、連想でも考えられ
てはいかがでしょうか?

ひょっとすると、連想できない素敵な何かと出会うことができるか
も知れませんよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : ちゃんとつけてますか?[家計簿]です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[スッポン]

 
スッポン料理でしかお目にかかることの無いスッポンですが、一旦
噛みついたら、雷が鳴っても離さないのだそうです。

この凄い噛みつき方を活かして、新たな使い道を考えないことには
気が納まらないのは、私だけでしょうか?

ビールの王冠に噛みつかせて、瓶を開けるという使い道が、メジャ
ーなのは、皆さんもとっくにご存知でしょう。

しっかりと噛みついたことを確認したら、スッポンを左右に動か
して下さい。

すると、「スッポン」という音と共に、いとも簡単に瓶を開けるこ
とができるのです。

大きな宴会では、テーブルの数だけ、活きの良いスッポンをご用意
願います。

これは秘密なんですが、宴会慣れしているスッポンは、瓶が開いた
瞬間に、一口ビールを飲んでしまいます。

アル中のスッポンの大半が、そうした生い立ちなのです。

さて、トンネル工事の際、今のように大型の機械がなかった頃は、
スッポンが使われていたそうです。

どんな固い地層も、スッポンが噛み砕いてくれるからなのです。

大きなトンネルの入り口に、スッポンの銅像が立てられているのを
見かけたら、それはスッポンの偉業を称えているからだと鵜呑みに
して下さい。

近頃では、そのような役目もなくなり、せいぜいダーツの矢の代用
品くらいしか出番がありません。

的から取り外す際は、脇の下をコチョコチョして下さい。

さて、今やスッポンの未来を見つめ直さなければならない緊急事態
です。

「噛みついたら離さない」という積極的な方に、ボランティアでの
ご支援をお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : こういうテーマはいかがでしょうか?[検索連想型広告]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[新築祝い]

 
さて、新築祝いを贈るようなことがあったとしたら、皆さんは一体
何にしますか?

観葉植物っていうのは、いかがでしょうか?

世話には、それなりに手間がかかりますが、部屋の中にグリーンが
あると落ち着くということで、とても喜ばれたりします。

ところで、どうせ贈るなら、インパクトがあって、相手の記憶に残
る観葉植物にしたいものです。

もし、「和の心」を探求されている方に贈るのであれば、「漆」の
鉢植えがお勧めです。

但し、漆に対し過敏な方だと、近くに寄っただけで、体全身にひど
い「かぶれ」を発症します。

そうなった方は、次の日の夜に、生き霊となって、あなたの枕元に
立ってたりします。

こんな感じで、ギフトとしてはインパクト絶大です。

孫の代まで、語り継いでいただけること間違いなしです。

さて、漆による「かぶれ」も、そのうち耐性がつきますから、なん
てことなくなります。

最初は、嫌がっていても、そのうち大抵の方は、気に入って育て始
めたりするものです。

そのうち分根して、部屋中を漆だらけに増やしだすのです。

子供の代になれば、ウルシの材料が自給自足できますので、手軽に
「漆器作り」を楽しむことができたりします。

資金に余裕があったり、裏山が金山だという方は、蒔絵や沈金を施
してお楽しみ下さい。

ところで、見栄えの良い漆器ができあがりましたら、一つ私にくだ
さいな。

鬼退治の際に、お供させていただくかも知れませんよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : 噛み付いたらもう大変です。[スッポン]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[マラカス]

 
チャチャチャ、オー!

誰でも一度は、マラカスを振ったことがあるはずです。

あの中には、一体何が入っているのでしょうか?

石だとか、豆だとか、まわりの人はいろんなことを言いますが、
本当のところはどうなんでしょう。

私、気になって昼間にぐっすりできません。

あっ! そっか。

昼間は寝てちゃいけないんだ。

結局、いろいろ考えましたが、音さえ出れば何でも良いことに気が
つきました。

余程のことがなければ、人は一生の内に、一つや二つのマラカスを
作りますから、その時に、好きなものを入れれば良いのです。

腕力をつけたいという人は、鉛や水銀を入れたりします。

あまり興奮し過ぎると、振り回し過ぎて、壊れて中身が飛び出して
しまいます。

鉛であれば、壁を壊したり、最悪でもまわりの人に重傷を負わせる
程度で済みますが、水銀の場合は大変です。

土壌は汚染され、元に戻すのにどれほどの労力と年月がかかるか、
わかったもんじゃありません。

黒色火薬やニトログリセリンを入れている人には、特に気をつけて
下さい。

思いきり振り下ろした際に、衝撃で突如爆発するかも知れないから
です。

「ピカッ」とオレンジ色の光が見えて、爆風の気配を感じとったら、
「サッ」と右に半歩よけて下さい。

皆さんも、こうした気軽なアイデアで、マラカス作りを楽しんでみ
て下さい。

うまくいかなくっても、焦ることはありませんよ。

また作ればいいんですから。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : もらえるようになりたいな。[新築祝い]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[頭痛薬]

 
まだ十分な告知がされていませんので、頭痛の薬を買うときは、く
れぐれもご注意願います。

実は、今年に入って、新ジャンルの頭痛薬が登場しているのです。

この頭痛薬の効能は、今までのとは画期的に違います。

私の知る限りでは、今までにこのような効能を備えた頭痛薬は、存
在しておりません。

さて、その効能とは、服用するとたちどころに「頭が痛くなる」と
いうものです。

確かに、こういうのも頭痛薬です。

「はあ?」と、問い直したくなるでしょうが、そうなんだから仕方
がないのです。

「そんな薬は売れるわけがない。」とお思いでしょうが、これが結
構人気で、品薄状態だったりします。

「仕事がうまくいかない。」と頭を痛めている方は、4錠お飲み下
さい。

激しい頭痛で、仕事での頭の痛みなど、一気に忘れ去ることができ
るのです。

一種の気分転換作用が、この薬の主要な効能です。

ご愛顧の感謝として、特別企画の商品を売り出すと聞いています。

特別企画の商品は、頭痛を起こす薬と、頭痛を抑える薬とが、ゴチ
ャ混ぜにしてあり、二割引きになっているお得な商品です。

さて、皆さんも、お薬をお買い求めの際には、商品の効能をよくお
確かめのうえご購入願います。

尚、「小さい字で書いてある効能を読んでいると頭が痛くなる」と
いう方は、先程の特別企画の頭痛薬を手始めにいっちゃって下さい。

つかんだ錠剤によって、効き目は正反対ですが、そこそこ効きます。

それでは、頭の痛い話はここまでということで....

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : なんか、浮かれてきちゃいます。[マラカス]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[天ぷら]

 
日本の食文化を誇る天ぷらですが、このところ少しマンネリです。

やはり、新発想のネタが減ってきているように思います。

このままでは、やがて天ぷらが滅びてしまうのではないかと、気が
気でありません。

そんなことから、これからブレイクするのではないかという噂のネ
タを、こっそり皆さんに、お教えすることに致しました。

まずは、フライドチキンです。

よもや、天ぷらの中から、揚げ物が出てくるとは、誰も思いつかな
いでしょう。

わさび醤油で召し上がれ。

少し自信がないのが、フーセンガムです。

味が長持ちするのを、カラッと揚げています。

衣のサクサク感と、熱せられたガムのグニュグニュ感が合わさって、
不気味な味です。

その不気味さを、30分も持続してお楽しみいただけます。

ついでに、衣の混じったフーセンを膨らませて、他人の顔や衣服に
くっつけてみたりもできます。

最下位は、何と言っても、「菜種」と「胡麻」と「牛脂」を、すり
潰し丸めた「アブラ玉」です。

外側からも、内側からも、激しくアブラが噴出します。

メタボ維持に、大きな効果が望めます。

さて、ここまでくると、油の方も従来の殻を破らないといけません。

まずは、「油は新しいものに限る」という常識を破ることでしょう。

「先代から受け継いだ秘伝の油です。」というのが、温故知新とい
うものです。

色は真っ黒で、グリースのような粘性を示しています。

加熱すると、まるでマグマのように「ボコッ。ボコボコッ。」と音
を立てて泡立つのです。

難点は、これで天ぷらを揚げると、ネタの区別がつかないというこ
とです。

生命力の秀でた方のみ、ご賞味下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : 頭の痛い話です。[頭痛薬]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[ヤキトリ]

 
ヤキトリと聞くと、鶏肉に串を刺して焼いたものだと思っているで
しょうが、世の中それだけとは限りません。

丸々一羽に、串を刺してあるかも知れません。

一本頼んだら、家族でも食べ切れません。

さっき、足が「ピクッ」と動いた気がするのですが、見間違いでし
ょうか?

さらに、店によっては、鶏ではなくダチョウだったりもします。

昔懐かしいスズメを出す店もまだまだ残っています。

店のオヤジが、時々間違えてスズメバチを出したりします。

火を通してあるので、別に毒性は気にすることはありませんが、な
んでそんなネタが仕込んであるのか、不思議でなりません。

芸を仕込まれた鶏が、従業員をやっていて、ステーキを焼いている
店も、あったりします。

こういう店も、やはりヤキトリ屋と呼ぶことぐらいは皆さんもとっ
くにご存知でしょう。

経営多角化で、もんじゃ焼き屋や焼きそば屋などに、展開中です。

どの店も、結構流行ってたりします。

どの店も鶏が大活躍です。

但し、本来のヤキトリ屋は、うまくいってないようです。

従業員のモチベーションが、著しく低いからだそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : カラッといきましょう。[天ぷら]です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[米好き]

 
三度の飯は、「米」に限るという人は、「パンなんて食えないよ」
と言って、パンを近づけようとはしないものです。

だいいち、食べたことが無いので、どんな味なのかすら知らなかっ
たりします。

とにかく、「米さえあれば、オレは満足なんだ。」と主張する訳な
のです。

こんな人には、どうしてもパンを食べさせたくなっちゃいます。

でも、どうしたら食べさせられるのでしょうか?

ストレートに考えると、米粉パンでしょうが、そんなの邪道です。

おにぎりの具に、パンを仕込んでみるのはどうでしょうか。

それとも、お茶碗の形に焼き上げたパンに、炊き立てのご飯を大盛
りというのは、いかがでしょうか。

「残さずにどうぞ。お茶碗もね。」と言葉を添えて、うやうやしく
そっと差し出すのです。

やはり、米粒そっくりな形状のパンをたくさん焼き上げ、お茶碗に
盛ってみるのが究極でしょう。

生卵を添えて、「卵かけで召し上がれ。」です。

私が心配なのは、こうした特殊メニューを、気に入られてしまった
ときのことです。

なにせ、毎日の調理が大変ですから....

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : これでグイッとやりたいものだ。[ヤキトリ]です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[靴下]

 
靴下の履き方をみても、人それぞれです。

右足にしか、履いてない人います。

左足は、裸足のままです。

よく見ると、右足には、2足重ねて履いてます。

なんでも、右足は、ムレムレで、水虫がひどいらしいのです。

そのくせ、左足は、裸足のせいで、乾燥しヒビ割れて、うっすらと
血が滲んでいます。

その人は、今でこそ、右足に2足ですが、その昔は10足も履いて
いたそうです。

そのときは、右足だけが高くなり過ぎて、体全体が左に傾いていた
そうです。

まっすぐ歩こうとしても、左まわりで、元のところに戻ってしまう
のです。

同じところを、グルグル歩き続けて目が回り、いつもその場に「ペ
タッ」とへたりこんでいたそうです。

右足に履き重ねる靴下の枚数に比例して、回転速度が上がるらしい
です。

柔らかい地面では、回転し過ぎに注意して下さい。

先月だけでも、3名の方が、地中に潜ってしまいました。

救出する方は、大変です。

救出した後から温泉が湧いてくることもありますが、マグマが噴出
することもあります。

いまのところプラマイ0です。

どうしても、潜る決意の方は、あらかじめ地質調査をしたうえで、
臨んでいただきますようお願い申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : 日本人ならこれだ。[米好き]です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プロフィール

誌條 文則

Author:誌條 文則
-------------
暴走気味でいきましょう
シュッ シュッ ポッポ 鳩ポッポ~
(燃料は皆さんの拍手です)
-------------
本エッセイは私見であること
を了解のうえお楽しみ下さい



最新コメント

最新トラックバック


カテゴリ

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR


 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。