★「頭の中で鳩ポッポ」 essay by fuminori_shijou

「それやれっ! もっとやれっ! ず~っとやれっ!」といった 自己啓発 や 勉学 に奮起する傍らで、こんな気ままな話もありでしょう。 「ストレス」や「虚無感」で心がパンクしそうになったときの、ガス抜きにどうぞ。 ( Since 2011/1/14 )

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

今回のテーマ[わかりにくい文章の書き方]

 
いつも、わかりやすい文章を書きたいものだと皆さんはお考えでし
ょうが、何事も偏り過ぎは禁物です。

ときには、わかりづらい文章を書くのに腐心することも、バランス
を保つために必要なことです。

つまりは、わかりづらい文章とは何かということが、会得できてこ
そ、わかりづらい文章を書いてしまうことを、回避できるというも
のです。

さて、ここで試しに、犬という動物を文章で説明してみましょう。

「犬とは、ワンと鳴く動物です。でも世の中にはニャーと鳴くのも
いるらしいです。そういえばコケコッコーと鳴くのが存在するとい
う話も聞いたことがあります。」

「目と耳は二つずつあり、鼻と口は1つずつです。確か胴体も一つ
です。」

「4本足ですが、前足は実は手なんだという人もいます。」

「毛はフサフサと生えていますが、生えていないのもいます。毛が
生えているのも、毎年一斉に抜け落ちることがあります。そんなと
きに見たら毛がツルツルの動物に見えます。」

「ところで、カタカナで書くとイヌになりますが、イネと書き間違
う人が結構います。」

どうですか、犬がどういう動物なのか、おおかたの人は理解できた
はずです。

今まで犬を見たことがない人も、これで道端で不意に犬と出くわし
ても、もはや恐れることはないのです。

ちなみに、世の中には、正しい文章を書けるようになるための講座
やセミナーが溢れていますが、わかりづらい文章が書けるようにな
るためのそれらは聞いたことがありません。

皆さんも聞いたことが無いということで、不安になられていらしゃ
ると思いますが、どうぞご安心下さい。

私が、老後に通信教育を開講予定です。

その日が来るまで、気を長くしてお待ち下さい。

ところで、わかりづらい文章の添削を、わかりづらい文章で返すと、
一体、受講生は理解できるのでしょうか?

受講生の成長の度合いが、さっぱり推測つきません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : あなたも経験ありますか?[流し忘れ]です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト

Comment


    
プロフィール

誌條 文則

Author:誌條 文則
-------------
暴走気味でいきましょう
シュッ シュッ ポッポ 鳩ポッポ~
(燃料は皆さんの拍手です)
-------------
本エッセイは私見であること
を了解のうえお楽しみ下さい



最新コメント

最新トラックバック


カテゴリ

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR


 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。