★「頭の中で鳩ポッポ」 essay by fuminori_shijou

「それやれっ! もっとやれっ! ず~っとやれっ!」といった 自己啓発 や 勉学 に奮起する傍らで、こんな気ままな話もありでしょう。 「ストレス」や「虚無感」で心がパンクしそうになったときの、ガス抜きにどうぞ。 ( Since 2011/1/14 )

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

今回のテーマ[何名様ですか]

 
それは、ラーメン屋に入ったときのこと。

まだ、11:30だというのに、すでに満席。

どのくらい、待つのかな?です。

店員が近寄ってきました。

「いらっしゃいませ。3名様ですか。」

「イスに座ってお待ち下さい。」

言われた通り、イスに座って待っていました。

ものの1分もしないうちに、別の店員が近寄ってきました。

「いらっしゃいませ。3名様ですか。」

「イスに座ってお待ち下さい。」

そんなこと、言われても、すでに座ってますけど。

これ以上は、座れません。

さらに1分もしない内に、女将さんが近づいてきました。

「何名様ですか?」

ええっ、驚きのあまり、腰抜けちゃいました。

どうして、そんなに人数を知りたいんですか?

最初の店員が、駆け寄ってきました。

「お席が、用意できました。」

「腰が抜けたので、立てません。」です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : そうだな。[父へのプレゼント]にするか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト
 

今回のテーマ[おかわり自由]

 

私の友人は、おかわり自由に異常なこだわりを持っています。

先日、友人にコーヒーおかわり自由のドーナツ屋さんへ連行されま
した。

二人でコーヒーを注文して、席につきます。

しばらくしたら、店員がポットを持ってまわってきました。

店員が、我々に向かって「おかわりいかがですか?」と声をかけま
す。

おおっ。待ってました。すかさず友人が口を開きます。

「済みませんが、スプーンおかわり下さい。」

店員は、「えっ」といって、無言になります。

怪訝な顔をしたものの、すぐにスプーンを持ってきてくれました。

店の中でねばっていると、さっきの店員がまたまわってきました。

嫌がっているオーラが吹き出しています。

またしても友人が口を開きます。

「あの、すみません。コーヒー皿のおかわり下さい。」

一瞬、顔を曇らせますが、「かしこまりました。」といって、すぐ
にとりに行きました。

こちらこそ、かしこまっちゃいました。

しばらくして、またしても店員がまわってきました。

手には、スプーンとコーヒー皿も持っています。

店員の「おかわりいかがですか?」の声に反応し、友人がすばやく
手のひらを突き出します。

「お手っ、それからおかわり。」

店員の顔は、みるみるうちに真っ赤になりました。

しかし次の瞬間、その店員は友人の手のひらに手を乗せて「ワン」
と一声鳴きました。

我々は、あまりのリアクションに、イスから転げ落ちました。

友人は二枚のコーヒー皿で耳を覆い、床に四つん這いになってヒイ
ヒイと唸っています。

足はわずかに痙攣しているようです。

私は、思わず「キャイン」と鳴いてお漏らしをしてしまいました。

すばらしい店だということで、満足して我々が家路についたことは
いうまでもありません。

我々は、この店の常連になろうと固く心に決めましたが、店員は我
々を二度と店に入れるまいと、固く心に決めたはずです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : [何名様ですか]です。さて何のことでしょう?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[ノートパソコン]

 
最新のノートパソコンは、性能で差を出せなくなってますから、デ
ザインが決め手だったりします。

最近は、表面にいろんなデザインが施してあります。

表面に、デスクトップパソコンを、前から見た写真が貼り付けてあ
る機種は、ややこしいです。

ノートパソコンなのか、デスクトップパソコンなのか、わけわかり
ません。

表面が、ノートパソコンのキーボードの写真だと、これまたややこ
しいです。

ふたを開けると、またキーボードです。

ちょっと混乱です。

表面が、朝ごはんの写真というのは、どうでしょうか?

ごはん、生卵、のり、塩鮭の写真です。

おっと、お味噌汁とおしんこを忘れてました。

自然と、お腹が「ぐ~」と鳴っちゃいます。

今にも臭ってきそうな汚れたボロ雑巾の写真だと、どうでしょうか。

なんとなく、触りたくなくなります。

ソロバンの写真だと、なんとも値打ちが下がった気がします。

本当は凄い計算ができるのに、イメージはソロバンパチパチです。

奈良の大仏と、自由の女神が肩を抱き合っている写真は、世界感が
違います。

写真ですから、何でもありですが、いい加減にしておかないと、何
者かに、吹き矢で狙われると思います。

やられてしまってから、反省のメールを、私に送ってこないように
していただきたいものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : 私の好きな[おかわり自由]です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[体温計]

 
皆さんには、秘密にしておいたのですが、実は体温計は、どう計ろ
うと勝手です。

へそに突っ込んで、計る人だっています。

へそに突っ込みすぎて、その人、動かなくなりました。

動かなくなってから、今日で3日目です。

最もビックリしたのは、胃袋で計る人です。

ピピッと鳴ったら、吐き出すのですが、戸惑っている間に表示が消
えてしまいます。

きっと胃酸のせいで、内部の回路が溶けてしまったのでしょう。

そう言えば、病院に行ったときに、体温計を渡されたときを、思い
出しました。

私、沸かしたばかりのお湯を、保温水筒に入れて持ち歩いてました。

その保温水筒のお湯に、体温計をこっそり入れたりします。

あっという間に、体温計の目盛は振り切ります。

体温計を、ナースに渡します。

ナースは、腰を抜かして、叫びます。

「大変です。この患者さん、生焼けです。」

ドクターは、冷静に、ナースに指示します。

「ゆずポンと七味を調合し、10単位投与だ!」

ちょっと、私のことを焼肉だと思ってるでしょ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : あなたのは何色。[ノートパソコン]です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[海鮮丼]

 
海鮮丼の美味しさは、やはりネタの鮮度で決まります。

とれとれのネタを使えば、ほっぺた落ちちゃいます。

そんなご馳走でさえも、食べ飽きてしまったと言う人には、これし
かありません。

生きてるまま盛り付けた「活き生き海鮮丼」です。

これ以上の鮮度を求めるなら、丼メシを持ったまま、今から海に潜
りに行って下さい。

店員が、フタを押さえながら、その海鮮丼を持ってきます。

店員が、「フタをとったら、逃がさず食べて下さい。」と言います。

すでに、タコが丼から脱げ出そうとしています。

すばやく、足をかじってやりました。

ところが、その足はイカでした。

海老が「ピン」と跳ねて、壁にペタッと貼りつきました。

私、貼りついたままの海老に、醤油をかけて、食べたりします。

ご飯を一口食べようとしましたが、お箸の先端が無くなっています。

丼の底で、ウツボがこちらをにらんでいます。

どうやら、お箸の先端は、このウツボにかじり取られてしまったよ
うです。

すでに、タコもイカもウツボの腹の中です。

店員が、「ウツボは、喉越しをお楽しみ下さい。」というので、一
気飲みです。

次の瞬間、七転八倒です。

ウツボが、胃壁にかじりついているに違いありません。

店員が落ち着いて、「こんなときの為に、当店では万全の準備をさ
せていただいております。」と案内します。

カーテンを開けると、手術台です。

なんでも、こういうことは、よくあるそうです。

「活き生き海鮮丼」を召し上がるときは、こういう備えのある店を
選んで下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : 健康が一番! [体温計]です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[ナメクジ]

 
ナメクジには、塩をかけろと言いますが、私、どの位かければ良い
のか、サッパリわかりません。

ナメクジの重さ何gに対して、塩何gというふうに、レシピはない
んでしょうか?

人類は、今までに一体どれほどの数のナメクジと、闘ってきたこと
でしょうか。

そのノウハウの蓄積を、活かさない手はありません。

「ナメクジ1Kgに、塩150gが最適です。かけたら、よく手で
揉み揉みして下さい。」

そういった、ナメクジに致命的なダメージを与えつつ、最小限の塩
の量というものがあるはずです。

きっと、誰か有名な学者が、どこかでしっかりと研究しているに違
いありません。

既に研究済みという方は、私の方に向かって、大声で叫んで伝えて
下さい。

さて、ナメクジを塩以外でやっつけたくなるのは、私だけではない
はずです。

小麦粉やお好み焼き粉でも、やっつけられそうです。

とにかく、粉なら何でも良さそうです。

ナメクジの体の水分を吸収し、絶命させてくれます。

それならば、ファンデーションはどうでしょうか?

ちょっと効果は、弱そうです。

せっかくだから、チークもつけましょう。

マスカラも忘れずに。

最後はアイシャドウです。

ケバそうなナメクジです。

私、20匹も、お化粧してみました。

ミスナメクジを、決めないといけません。

さっそく、選考委員を集めることにしましょう。

次の瞬間に気がつきました。

どうしたものか、私のまわりには、ナメクジファンが、少ないんで
すよね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : おそらく、たぶん[海鮮丼]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[渋柿]

 
秋の味覚といえば何を思いつきますか?

栗ですか、それともマツタケですか?

渋さを求めるならば、やはり柿でしょう。

それも渋柿です。

私、最近渋柿の料理にはまってます。

すりおろしていただくのが、王道です。

1日1回は、食べずにおれません。

初めて口にすると、そのあまりの渋さに、小刻みに体が震えますが、
慣れればそれがクセになります。

口の中が、少ししびれる位が、良い渋柿です。

炊きたてご飯のうえに、山盛りかけていただくのが「通」というも
のです。

ドドッと、汗と涙と鼻水が飛び出しますが、その淡い塩味が加わる
ことで、至福の味へと昇華するのです。

もっとも崇高な料理は、渋柿のすりおろしを、スライスした甘柿で、
サンドしたものです。

渋柿なのか、甘柿なのか、訳わからない味が、脳天を突き抜けます。

このシンプルな料理は、「訳のわからない味だなぁ...」と、頭
の中で考えることで、うまみを極めるのです。

所詮、味覚は脳が決めるのです。

舌という味覚センサーからの電気信号と、心の葛藤からくる電気信
号が混ざり合って、崇高な味は完成するのです。

あなたにも、きっとあなたなりの崇高な味が見つかるはずです。

念のために申し上げておきますが、私にそういう料理をご馳走しよ
うなどというご配慮は絶対に無用です。

あらかじめ激しくご辞退申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : 私の好きな[ナメクジ]です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[シャンプー]

 
しっとり用とか、サラサラ用とか、専用のシャンプーが次々と発売
されています。

一方で、面倒くさがりな人は、「なんでもこれ1本でOK」という
ものを求めています。

どっちの戦略で攻めるのか、マーケティングの能力が問われます。

私、すごい製品考えました。

これはもうシャンプーの革命です。

歯磨きとして使えますし、うがいにも使えます。

胃の洗浄にも使えたりします。

ピロリ菌も、イチコロのコロッです。

腸まで届いて、便秘も解消です。

お風呂やトイレ掃除にも使えますし、お気に入りのセーターやシル
クのドレスも傷みません。

本当に、ずーっとこれ1本だけでOKですから、まとめ買いがお得
です。

今なら、このシャンプーを、ドラム缶1本買うと、もう1本おまけ
です。

使い切るまで、3世代にわたって愛用できます。

尚、開封後は3日以内に使い切って下さい。

注意することは、たったそれだけです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : 秋と言えば[渋柿]だねぇ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プロフィール

誌條 文則

Author:誌條 文則
-------------
暴走気味でいきましょう
シュッ シュッ ポッポ 鳩ポッポ~
(燃料は皆さんの拍手です)
-------------
本エッセイは私見であること
を了解のうえお楽しみ下さい



最新コメント

最新トラックバック


カテゴリ

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR


 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。