★「頭の中で鳩ポッポ」 essay by fuminori_shijou

「それやれっ! もっとやれっ! ず~っとやれっ!」といった 自己啓発 や 勉学 に奮起する傍らで、こんな気ままな話もありでしょう。 「ストレス」や「虚無感」で心がパンクしそうになったときの、ガス抜きにどうぞ。 ( Since 2011/1/14 )

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

今回のテーマ[モノ忘れ]

 
モノ忘れの程度を判断することは、とても難しいことです。

モノ忘れの程度が悪ければ悪いほど、自分がモノ忘れしたこと自体
も忘れてしまうのです。

ですから、当の本人は「最近はモノ忘れが少なくなった。」と言い
出すかも知れません。

ところで、若い頃のことは、いつまで経っても忘れず、すぐに思い
出せるものです。

たとえば、小学校の校歌を、最後まで間違わずに歌えたりします。

幼い頃からモノ忘れ防止方法について研究していた人が、年老いて
モノ忘れが多くなるとややこしいです。

モノ忘れ防止方法については、論理的にしゃべり、聞き手を魅了し
ます。

そのくせ、ついさっきのことはさっぱり覚えていなかったりします。

モノ忘れに強いのか弱いのか、判断が難し過ぎます。

あなたも、子供を持ち、こんな人に育てたいと思うのであれば、ヨ
チヨチ歩きの頃から、モノ忘れ防止方法について研究させることを
お勧めします。

尚、本件に対してのご意見はお控えください。

なにしろ、明日には書いた本人自身がモノ忘れしてしまってますか
ら....

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト
 

今回のテーマ[自動改札機]

 
今は当たり前の自動改札機も、昔は無かったことを、皆忘れてしまっています。

これは、由々しきことかも知れません。
急いで、自動改札機を見に行かなければなりません。

思いたったら、居ても立っても居られません。
さっそく、駅に着きました。

その、ありがたさを、再確認することにしましょう。
そうだ、初めて自動改札機を見る人の気持ちで、いきましょう。

まずは、ギョロギョロと、眺めてみます。
駅員が、不思議そうに、こちらを見ています。

手で、いろんなところを触って、確かめたりします。
人が通過するところを、何度も何度も見て、大きく頷いてみたりします。

念のために、スケッチしたりします。

そして、切符を手に握り締めたまま、通ろうとします。
当然、「バタン」と、封鎖されます。

駅員が、飛んできます。

「どうしましたか?」
「通れません。」

「切符はどうされました?」
「ここに持ってますけど。私、こんな機械は初めてなんです。何ですかこれは?」
駅員は、凍りつきました。

「生まれてから、鉄道と言うものに、一度も乗ったことがないんです。」
駅員は、「うぐっ」と、声を漏らし、のけぞります。

「お願いだから、なんとかして下さい。私、もう挟まれるの耐えられません。」
私、そうわめきながら、尻餅ついたりします。

すでに、黒山の人だかりです。
あまりの人の多さに、駅に入れなくなりました。

残念ですが、続きはまた今度にすることにしました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[鍋奉行との闘い]

 
口は出すけど、手は出さないという鍋奉行は、困りものです。
今回は、すきやきパーティーに、お呼びしました。

まずは、アクとりです。

「アクは、こまめにとるのじゃ。よいな。」
奉行が、おっしゃいます。

私、せっせととりますが、隙を見て戻したりします。

「う~ん。アクがすごいのぉ。」
当たり前です。戻しているんですから。

「肉と糸コンを近くに入れるでないぞ。肉がかたくなるからの」
私、奉行がトイレに行っている間に、肉の下に山盛り糸コン入れたりします。

ついでに、砂糖を肉にめがけて、山盛り2杯。
さあ、出来上がりです。

奉行が、肉をつまみます。
その下から、糸コンがドーン。

「なんじゃ、これは、いつの間に。」
「それに、この肉、めちゃ甘じゃ!」

皆が、口を揃えて言います。
「奉行の仰せの通りに致しました。しっかりして下さい。奉行解任です。」

次から、この人、来なくなりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[オレ、犬なんだ]

 
さすが、私の友人です。
言うことが、違います。

で、「どうして、犬なの?」
「犬が、嫌いだから、嫌いな犬を深く知り、さらに嫌いになるためだ!」

さすが、犬ですね。
発想が、人間離れしています。

「ワンワンじゃなくて、人の言葉をしゃべってるけど。」
「人の言葉を、しゃべれる犬なんだ。」

ああ、そうですか。

「ところで、好きな食べ物は何?やっぱ、ドッグフードだよね。」
「キャットフードだ。猫の方が好きだからな。」

「じゃあさ、おしっこするとき、電柱に向かって、片足あげるんだよね。」
「オレは、両足をあげる。」

そんなことしたら、ひっくりかえるでしょ。

「そういえば、犬も猫舌らしいね。熱いもの弱いんだ。」
「なんだと、猫をバカにするんじゃない。」

バカにしたつもりは、ないですけど。
聞いてるだけで、頭痛がしてくる。

「あんたは、本当は、犬なの猫なの、どっちなの?」
「その中間だ。」

なんじゃ、そりゃ。
そして、今日は友人を一人失った記念日となった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[歯みがき]

 
歯のみがき方、一つをとっても、人それぞれです。

喉の奥の方まで、磨こうとする人、結構います。

そういう人は、「おえっ」とするのが、わりと好きです。
毎朝、3回は「おえっ」としないと、気が済みません。

食道まで、みがく人もいます。
食道まできれいにすると、スッキリしますが、長生きは出来ません。

歯ブラシの代わりに、スポンジタワシを使う人もいます。
使いやすいと評判ですが、バイ菌に強い人向けです。

食べ終わったトウモロコシで、みがく人もいます。
使い終わったら、すぐに乾燥させないと、腐敗します。

少数派ですが、腐敗しかけのが好きな人います。

歯みがきペーストの代わりに、お味噌を使う人もいます。

「やはり、日本の朝はこれに限る!」と、外が暗いうちから家の外に
飛び出し、ご近所の犬を追いかけまわりながら、叫びます。

でも朝食は、パンとコーヒーだったりします。

口の中をきれいにしたいと、強く思っている人は、無水アルコール
でうがいをします。

火気厳禁です。
今年だけでも、3人の方が亡くなっています。

命がけで、みがく必要はありません。
皆さんも、このことだけは、守って下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

今回のテーマ[トーストに塗るもの]

 
トーストに何を塗って食べるかは、本当に千差万別のようです。
私、いろんな人に聞いてみました。

「オレ、豆腐。」

なんと、豆腐を塗りますか。
大豆の織り成すハーモニーですね。

「やはり、醤油をかけるんですか?」
「トーストに醤油はないでしょ。やはりマーガリンだね。」

味の想像がつきませんけど。

炊きたての、ご飯を塗りつける人もいます。
そういう人は、キャラメルソースを、少しだけかけたりします。

夏は、冷凍ご飯に限ると言う人もいます。

歯ごたえが、たまりませんが、歯を折ってしまう人が後を断ちません。
少し、解凍してからが、食べごろです。

水で溶いた小麦粉も、人気です。

ドロドロとした食感が、食欲を倍増させます。
しらたきを載せて、いただくのが作法です。

桃とオクラをすりつぶしたのを、トーストの一面に塗りたくる人もいます。
表面に、軽く焦げ目がつくまで炙ります。

吐きそうな、臭いになりますが、我慢して食べて下さい。
やっぱり吐きそうです。

皆さんも、これはというのをご存知でしたら、私に伝書鳩を飛ばして下さい。
その伝書鳩、行方不明になると思いますけど。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[バスの運転手]

 
「走行中は、みだりに運転手に話かけないで下さい。」

バスの運行規定には、そう書いてあります。

でも、どういう状況は許されて、どういう状況だとダメなのか、私
サッパリ分かりません。

走行中に、バスの中でムササビ飛んでたら、話かけても良いですか?

バッタの大群が、老人に群がっていたとしても、ダメでしょうか?
老人の左手、すでに白骨化してますけど。

薪割りしてる人、隣の席にいますけど、どうですか?

停車駅で停まったときなら、話しかけても良い筈です。

気がつくと、足元に時限爆弾、転がっています。
よく見ると、爆発まで、あと30秒ですが、次の停車駅まで1分は
かかります。

ここは、我慢するしかなさそうです。
やっぱり、爆発してしまいました。

私、吹っ飛んで、運転手に突き刺さってます。

運転手が、あの世に旅立つ間際に、私に言います。
「次からは、もっと早めに言って下さい。」

それが、彼の遺言です。
次が訪れることは、ありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《発行人のつぶやき》
たい焼きの、あんこだけ吸い出してたら、怒られました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[ジャム]

 
私、はっきり言って、何でもジャムにできると、信じています。

とにかく、鍋にぶち込んで、砂糖をタップリぶち込んで、グツグツ
すれば、良いはずです。

まず思いつくのは、ミンチです。

ドロドロになって、出来上がりです。
何につけたら良いのか、分かりません。

私、壁に塗ってみたりします。
何となく、落ち着きのある風合いです。

次に、思いつくのは、うどんです。

甘美な香りに、あの長さです。
首に、絡みついて、呼吸困難になることは、しょっちゅうです。

鰻や鯖も、ジャムに向いています。

ヌメヌメしているのは、鮮度が良い証拠です。
3日3晩、煮込みます。

有名レストランでしか、お目にかかれません。
死ぬ前に、一度は味わってみたいと言う人が、地球上の3分の1は
いるそうです。

昨日のニュースで言ってたような、気がします。

靴も、年に1回は、ジャムにします。
もちろん、食べる人はいますが、普通は、下駄箱で熟成させます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《発行人のつぶやき》
すき焼きには生卵ですよね。ゆで卵だって言う人いないよね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プロフィール

誌條 文則

Author:誌條 文則
-------------
暴走気味でいきましょう
シュッ シュッ ポッポ 鳩ポッポ~
(燃料は皆さんの拍手です)
-------------
本エッセイは私見であること
を了解のうえお楽しみ下さい



最新コメント

最新トラックバック


カテゴリ

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR


 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。