★「頭の中で鳩ポッポ」 essay by fuminori_shijou

「それやれっ! もっとやれっ! ず~っとやれっ!」といった 自己啓発 や 勉学 に奮起する傍らで、こんな気ままな話もありでしょう。 「ストレス」や「虚無感」で心がパンクしそうになったときの、ガス抜きにどうぞ。 ( Since 2011/1/14 )

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

★本ブログは、2011/3/28に「FC2おすすめブログ」に認定されました。

 
お立ち寄りいただいた皆様のお陰です。本当にありがとうございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼ 新規記事はこの次をご覧下さい ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト
 

今回のテーマ[のど自慢]

 
のど自慢とは、一体なんなのでしょうか?

ほとんどの人は、歌の上手さを披露することだと思ってますが、そ
れだけではないのです。

ある人は、のどに携帯電話を押し込んで、のどちんこでダイヤルし、
そして会話できることを自慢したりします。

のどの奥から、絞り出すような声でしゃべるので、どこの誰だか判
断つきません。

また、ある人は扁桃腺からリンパ液を、まるで毒蛇のようにピュッ
と射出できることを、自慢したりします。

なんと、飛んでいるハエを、射落としたりもします。

タブを開けた缶コーラを、のどにズボッと突っ込んで、そのまま胃
に流し込むという飲み方を自慢する人もいます。

鼻の穴から泡が吹き出してきたりしますが、本人は、いたって冷静
です。

なんでも、花粉症の症状緩和に、かなりの効果があるそうです。

のどに両手を突っ込んで、ゴソゴソと掻き回していたかと思うと、
竹コプターを取り出す人もいます。

詳しい話を聞こうとしたのですが、アッと言う間に、山の彼方へ消
えてしまいました。

こうしたのど自慢をする方々が、一同に会すると、他人が自慢して
いる能力に強い憧れを抱いてしまうのは、当然というものです。

その欲求は、あまりに強く激しいものです。

「のどから手が出るほど欲しくなる」とは、このことなのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : いただきます。[割り箸]です。
           そして最終号です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[とりあえず生中]

 
「お飲み物は、何になさいますか?」

「じゃ、とりあえず全員“生中”。」

居酒屋でよく交わされるやりとりです。

でも、いつもこんなことで本当に良いのでしょうか?

少しも考えることなくオーダーしていては、頭が退化しちゃいます。

やはり、各自がそれぞれの確たる考えを持って、臨まないといけま
せん。


「私、お茶、ストレートで。」

「僕は、お茶、ロックで。」

「あたしゃ、お茶、ソーダ割りの梅干し入りで。」

「オレ、お茶のお湯割り。自分でやるからポットのお湯持ってきて。」

フムフム、なかなか、いいじゃないですか!

それぞれが、懸命に考えた努力が伝わって来ます。

さて、宴もたけなわを過ぎ、ラストオーダーの時間になったところ
で、皆が声をそろえて注文します。

「生中下さい。生中に限る。ホエホーッ!」

最後の「ホエホーッ」って何なのかはわかりませんが、これなら考
え尽くされたオーダーです。

脳が、激しく活性化されているに違いありません。

皆さんも、普段の生活の中から、「とりあえず」という安易な言葉
を取り去って、豊かな人生を送っていただきたいと思います。

それでは、今日のところはとりあえずここまで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : あ~♪ [のど自慢]です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プロフィール

誌條 文則

Author:誌條 文則
-------------
暴走気味でいきましょう
シュッ シュッ ポッポ 鳩ポッポ~
(燃料は皆さんの拍手です)
-------------
本エッセイは私見であること
を了解のうえお楽しみ下さい



最新コメント

最新トラックバック


カテゴリ

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR


 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。