★「頭の中で鳩ポッポ」 essay by fuminori_shijou

「それやれっ! もっとやれっ! ず~っとやれっ!」といった 自己啓発 や 勉学 に奮起する傍らで、こんな気ままな話もありでしょう。 「ストレス」や「虚無感」で心がパンクしそうになったときの、ガス抜きにどうぞ。 ( Since 2011/1/14 )

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

★本ブログは、2011/3/28に「FC2おすすめブログ」に認定されました。

 
お立ち寄りいただいた皆様のお陰です。本当にありがとうございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼ 新規記事はこの次をご覧下さい ▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト
 

今回のテーマ[のど自慢]

 
のど自慢とは、一体なんなのでしょうか?

ほとんどの人は、歌の上手さを披露することだと思ってますが、そ
れだけではないのです。

ある人は、のどに携帯電話を押し込んで、のどちんこでダイヤルし、
そして会話できることを自慢したりします。

のどの奥から、絞り出すような声でしゃべるので、どこの誰だか判
断つきません。

また、ある人は扁桃腺からリンパ液を、まるで毒蛇のようにピュッ
と射出できることを、自慢したりします。

なんと、飛んでいるハエを、射落としたりもします。

タブを開けた缶コーラを、のどにズボッと突っ込んで、そのまま胃
に流し込むという飲み方を自慢する人もいます。

鼻の穴から泡が吹き出してきたりしますが、本人は、いたって冷静
です。

なんでも、花粉症の症状緩和に、かなりの効果があるそうです。

のどに両手を突っ込んで、ゴソゴソと掻き回していたかと思うと、
竹コプターを取り出す人もいます。

詳しい話を聞こうとしたのですが、アッと言う間に、山の彼方へ消
えてしまいました。

こうしたのど自慢をする方々が、一同に会すると、他人が自慢して
いる能力に強い憧れを抱いてしまうのは、当然というものです。

その欲求は、あまりに強く激しいものです。

「のどから手が出るほど欲しくなる」とは、このことなのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : いただきます。[割り箸]です。
           そして最終号です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[とりあえず生中]

 
「お飲み物は、何になさいますか?」

「じゃ、とりあえず全員“生中”。」

居酒屋でよく交わされるやりとりです。

でも、いつもこんなことで本当に良いのでしょうか?

少しも考えることなくオーダーしていては、頭が退化しちゃいます。

やはり、各自がそれぞれの確たる考えを持って、臨まないといけま
せん。


「私、お茶、ストレートで。」

「僕は、お茶、ロックで。」

「あたしゃ、お茶、ソーダ割りの梅干し入りで。」

「オレ、お茶のお湯割り。自分でやるからポットのお湯持ってきて。」

フムフム、なかなか、いいじゃないですか!

それぞれが、懸命に考えた努力が伝わって来ます。

さて、宴もたけなわを過ぎ、ラストオーダーの時間になったところ
で、皆が声をそろえて注文します。

「生中下さい。生中に限る。ホエホーッ!」

最後の「ホエホーッ」って何なのかはわかりませんが、これなら考
え尽くされたオーダーです。

脳が、激しく活性化されているに違いありません。

皆さんも、普段の生活の中から、「とりあえず」という安易な言葉
を取り去って、豊かな人生を送っていただきたいと思います。

それでは、今日のところはとりあえずここまで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : あ~♪ [のど自慢]です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[回転寿司]

 
回転寿司だからといって、不用意にのれんをくぐってはいけません。

だって、何がどう回転しているかわかったもんじゃないからです。

遊園地のカップコースターのように、寿司を乗せた皿がクルクルと
回転しているかも知れません。

半分の寿司は、皿の外に転げ出ています。

透明のボールの中に寿司が入っていて、そのボールが縦に高速で回
転しながら、やってくるかも知れません。

ひょっとすると、お客が座ってイスが、ベルトコンベアに乗ってい
て、寿司のまわりをお客が回るようになっているかも知れません。

目が回ってしまうので、必ず誰かが倒れこんでいたりします。

ある店では、寿司職人がローラースケートを履いて、その場でスピ
ンをするかも知れません。

激しくスピンをしているので、寿司を頼むと、「できたよ。」とい
う声と共に、まるで魔球を投げたかのように、寿司があなたをめが
けて飛んでくるのです。

だから、大きな口を、あんぐりと開けて確実に受けとめて下さい。

優れた動体視力と、敏捷性を持ち合わせている人は、飛んできた寿
司に、口先手前15cmのところで、サッと醤油とワサビをつけた
りします。

あるいは、あなた自身が、店のフロアでデングリ返しをしているだ
けなのかも知れません。

とにかく、おろしたてのワサビのように、刺激的なお店に出会いた
いものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : 安易だね。[とりあえず生中]です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[パスタ]

 
私の知人は、大のパスタ好きです。
週に一度は、必ず食べたくなるんだと言っています。

それにしても、パスタとはシンプルにして多彩です。
パスタソース次第で、いろんな味を楽しませてくれるからです。

私の知人は、「さらにいろんな楽しみ方を考案するんだ」と、日夜
研究を重ねています。

そんな彼が最初に考案したのが、1本食いです。

長いパスタを、一本一本丁寧に結んで、つなげるのです。

やがて、一皿のパスタは、一本のパスタとなるのです。

この時点で、パンフルートを演奏するのが彼の流儀だそうです。

一皿分の一本のパスタの食べ方は、コツが要ります。

噛まずに、そして切れないように細心の注意を払って、胃袋に届け
るのです。

貨物輸送の如く、皿から胃袋へと一本のパスタを移動させるのです。

はっきり言って、これで何が美味いのか、さっぱりわかりません。

知人曰く、「そんな、ちっぽけなことで、気を迷わされてどうする
んだ。」なのです。

最近では、賛同者をかなり増やし、近くのショッピングセンターで
講師をしているそうです。

皆さんが、どう食べようと勝手ですが、私の家の近くのショッピン
グセンターには、立ち寄らないように、ご配慮願います。

なにせ、私は感化されやすい性格なものですから。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : みんな大好き。[回転寿司]です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[目覚まし時計]

 
朝が苦手っていう人は、山ほどいます。

目覚まし時計は、そんな人達には、欠かせません。

但し、その使い方は、人それぞれです。

時刻が遅れていると心配だからと、毎朝決って4時に一旦起きて、
時計の時刻をあわせる人がいます。

お陰で、毎日寝不足だったりします。

この人、時計の時刻は正確ですが、起床時間は睡眠不足で不正確
です。

アラームの音にも、いろいろあります。

たとえば、子守歌だったりします。

さらに、深く眠りについちゃいます。

目が覚めたら、3日後だったということが、よくあります。

「今日は、お休みですよ。」などと、いい加減なアラームメッセー
ジを言う目覚ましには、注意が必要です。

「ふざけたことをしたら、電池を抜いてやるぞ。」と、普段からビ
ビらせておかないと、いけません。

それでも、悪さをした時は、アンパンチです。

そして、目覚まし時計は、深い眠りにつきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : アルデンテでいきましょう。[パスタ]です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[電気自動車]

 
電気自動車も、ようやく現実的なものになってきました。

「次の買い替えは、電気自動車かな?」とお考えの人も少なくない
でしょう。

しかし、現時点では、走行距離の短さと、充電ステーションの少な
さが問題です。

なんとか、解決する方法はないものでしょうか?

どうしても電気自動車にしたいが、長距離を走行せざるを得ない人
は、車内に発電機を設置しておくしかありません。

そうすれば、かなりの走行距離を実現することができますが、その
代わりかなりの騒音に耐え切る精神力が必要です。

残念ながら、発電機自体を動かすにはガソリンが必要です。

矛盾に心の葛藤が生じますが、これも電気自動車のためと、潔く諦
めて下さい。

「そんなの我慢できん」という人は、専用の電源延長コードをご紹
介します。

25Kmタイプ、50Kmタイプの2種類です。

コードがピンと張りつめるまでの範囲で、充電の心配をすることな
く走行をお楽しみいただけます。

ご家庭のコンセントに差すだけですので、使い方は簡単です。

難を言えば、少々場所をとることと、重さで地面にめり込んでしま
うことです。

ネットのみで販売します。
残念ながら、販売時期は未定です。

開発元の社長が、ここのところビジネスをやる気がないのだそうで
す。

なんでも、「今は、充電期間中だから」と、ほざいているそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : 汝、目覚めよ。[目覚まし時計]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[耳垢の世界大会]

 
ついに、次回は日本で開催されることになりました。

前回は、日本の選手は一人も入賞できませんでしたが、今回はなん
としても一矢報いなければなりません。

基本は、その量の多さが必要です。

生まれたときから、取り除いたことがないという人がゾロゾロいま
す。

耳垢で、耳が塞がっているのは当然で、ほとんどの人のそれは、耳
から飛び出して垂れ下がっています。

入賞候補者は、鼻の前で右耳からのと左耳からのを結んでいたりし
ます。

審査は、様々な角度で採点されるのは、言うまでもありません。

重さ以外にも、色・艶・香り・サクサク感・粘々感・形状などが厳
しく審査されるのです。

それを広げると一畳になる人もいるし、石化し石炭のように黒光り
している人もいます。

モース硬度が「9」で、コランダムと同等の硬さのものが、大会記
録です。

かなりの年数をかけないと、この晴れの舞台に立つことは困難です。

但し、特別賞は、チャンスがないでもありません。

前回大会の特別賞は、耳垢の中でプランクトンを飼っていて、暗闇
で光るというものでした。

皆さんの中で、生きた証にチャレンジしておきたいという方は、今
からでも遅くはありません。

準備が整ったら、私にお声がけ下さい。

但し、私の両耳が耳垢で塞がっていて、聞き逃すかも知れませんが

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : これからはこれですよ。[電気自動車]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[流し忘れ]

 
皆さん、トイレで用を済ませた後、流し忘れることってありません
か?

私、今のところ月一ペースです。

忘れるのは「大」の方に限っています。

大抵は、すぐに気づいて、流すために戻りますが、3回に1回は忘
れたままです。

たとえ、後で思い出した場合でも、10分後だったりすると、「本
当にこれって俺のかな?」って不安になったりします。

鼻を近づけて、確かめたくなりますが、単に吐き気をもよおすだけ
です。

結局、どうなんだかわからないときは、半分だけ流して、満足して
立ち去ったりします。

自分のものか、他人のものか、二つに一つの確率ならば、半分だけ
流すというのも、なんとなく辻褄があっているように思えるからで
す。

風流な人の場合には、懐から硯を取り出して、墨をすりだします。

そして、筆でトイレットペーパーに、サラサラと書き綴ります。

「レシピ」と書き、続けて昨日食べたものを書き綴ります。

書き終えると、流し忘れたものの上に、そっと置いて立ち去るので
す。

本人は、「ああ、流し忘れてたが、これで一安心。」と誇らしげで
す。

歌を口ずさんでたりします。

よく聴いてみると、「アラレちゃんの主題歌」だったりします。

それにしても、流し忘れとは、定義が難しいものです。

本人が、いつまでもしっかりと記憶しているならば、それは忘れた
とは言わないからです。

一旦、トイレを出て、「30分経ってから流すのが好きだ」という
人だって、いるからです。

そんな人は、目印にと、火をつけたローソクや線香を、そのものに
突き立ててたりします。

皆さんのまわりに、そういう人がいたら、ローソクや線香を取りあ
げておくことをお勧めします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : 参加しませんか?[耳垢の世界大会]です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

今回のテーマ[わかりにくい文章の書き方]

 
いつも、わかりやすい文章を書きたいものだと皆さんはお考えでし
ょうが、何事も偏り過ぎは禁物です。

ときには、わかりづらい文章を書くのに腐心することも、バランス
を保つために必要なことです。

つまりは、わかりづらい文章とは何かということが、会得できてこ
そ、わかりづらい文章を書いてしまうことを、回避できるというも
のです。

さて、ここで試しに、犬という動物を文章で説明してみましょう。

「犬とは、ワンと鳴く動物です。でも世の中にはニャーと鳴くのも
いるらしいです。そういえばコケコッコーと鳴くのが存在するとい
う話も聞いたことがあります。」

「目と耳は二つずつあり、鼻と口は1つずつです。確か胴体も一つ
です。」

「4本足ですが、前足は実は手なんだという人もいます。」

「毛はフサフサと生えていますが、生えていないのもいます。毛が
生えているのも、毎年一斉に抜け落ちることがあります。そんなと
きに見たら毛がツルツルの動物に見えます。」

「ところで、カタカナで書くとイヌになりますが、イネと書き間違
う人が結構います。」

どうですか、犬がどういう動物なのか、おおかたの人は理解できた
はずです。

今まで犬を見たことがない人も、これで道端で不意に犬と出くわし
ても、もはや恐れることはないのです。

ちなみに、世の中には、正しい文章を書けるようになるための講座
やセミナーが溢れていますが、わかりづらい文章が書けるようにな
るためのそれらは聞いたことがありません。

皆さんも聞いたことが無いということで、不安になられていらしゃ
ると思いますが、どうぞご安心下さい。

私が、老後に通信教育を開講予定です。

その日が来るまで、気を長くしてお待ち下さい。

ところで、わかりづらい文章の添削を、わかりづらい文章で返すと、
一体、受講生は理解できるのでしょうか?

受講生の成長の度合いが、さっぱり推測つきません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次回テーマの予言 : あなたも経験ありますか?[流し忘れ]です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プロフィール

誌條 文則

Author:誌條 文則
-------------
暴走気味でいきましょう
シュッ シュッ ポッポ 鳩ポッポ~
(燃料は皆さんの拍手です)
-------------
本エッセイは私見であること
を了解のうえお楽しみ下さい



最新コメント

最新トラックバック


カテゴリ

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR


 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。